• HOME »
  • これまでの取組実績

これまでの取組実績

本専攻は日本初のeラーニング専門家養成大学院として、平成18年度に設置され20年度には博士後期課程を整備して教育研究体制を確立し、ICTを活用した教育システムを支える学問的基盤として「教授システム学」の体系的研究教育を展開している。これまでに全国(関東圏が最多)の多様な85名余りの学生がeラーニングによる遠隔学習で学び巣立っている。学生の約半数は企業からで、約1/3は大学教職員であり、既に全国の企業や大学等に、教授システム学の専門性をもつ本専攻の在学生や修了生が存在し、実践だけでなく研究も継続している。

平成19年から21年度は「IT時代の教育イノベーター育成プログラム」(大学院GP)、平成22年度からは熊本大学拠点形成研究「職業人教育システムのイノベーション研究拠点形成」に採択され、高い評価を受けた。

  • IT時代の教育イノベーター育成プログラム」(大学院GP)

http://wwwold.gsis.kumamoto-u.ac.jp/gp/index.html

  • 職業人教育システムのイノベーション研究拠点形成プロジェクト

http://wwwold.gsis.kumamoto-u.ac.jp/kyoten/contents2012.html

PAGETOP
熊本大学大学院 社会文化科学研究科 教授システム学専攻
Copyright(c) KUMAMOTO UNIVERSITY. All right reserved