• HOME »
  • 概要 »
  • 2.事業の取組内容

2.事業の取組内容

〔全体計画〕eラーニング専門家養成のための eラーニングによる大学院である教授システム学での教育研究実績に基づいて、社会人が学びやすい環境を整備する専門家を育成するため、履修証明制度を活用する短期プログラムを開発し、ICT活用により全国の大学院へ展開させる。

1年目には、本専攻を研究普及拠点とし、全国規模の研究ネットワークを活用し、本専攻の在学生や修了生(アソシエイト)をもつ企業や大学及び海外の研究機関(研究協力機関)にも呼びかけ、社会人の学びやすい環境を構築するための専門家に求められる資質を洗い出す。

2年目には、社会人の学び直しに適切な短期集中型で遠隔学習が可能な形式を採用して洗い出した専門性を身に付けるための研修講座を企画・立案し、試行・改善する。

3年目には、全国の協力機関において研修講座を展開すると同時に研修担当者の養成・認証制度も試行する。

また、この3年間の取り組み結果を受けた第2フェーズとして副専攻を学部へ展開させ、学部での社会人の学び直しのための環境整備を行うことも視野に入れ、その実現に資する取組を展開する準備を行う。

研究・調査・開発の実施にあたっては、3つの研究ユニットを柱として置き、ユニット間の連携を図りつつ、以下のように短期プログラムパッケージの開発を進めて行く。

1.  諸外国で開発・実践されているHPI (Human Performance Improvement)等の、社会人に対して効果的、効率的、魅力的に教育を実施できる教育設計手法の調査と適用

[1年目] 社会人の学びやすい環境を構築するための専門家に求められる資質についての調査を行う。 [2年目] 当該専門性を身に付けるための研修講座をHPIの観点から企画・立案する。 [3年目] 全国の協力機関において研修講座を展開する。

2.  モバイル、クラウド等の新しいICT環境の利点を活かした社会人向け学習支援システムや履修証明制度向けeポートフォリオ等の設計と開発

[1年目] 社会人向け学習支援システムに求められる特性をICT環境の観点から整理し、プロトタイプへの実装を行う [2年目] 研修講座を実施するための社会人向け学習支援システムを設計・開発する。 [3年目] 履修認定制度や短期プログラムを実施するためのeポートフォリオを設計・開発する。

3.  大学・大学院における履修認定制度や短期プログラムの実践例調査実施、および国内諸大学・大学院の実情を考慮した教育プログラムパッケージ普及促進方策の立案

[1年目] 履修認定制度や短期プログラムの実践例の調査を実施する。 [2年目] 社会人の学びやすい環境を構築するための専門家に求められる資質を身に付けるための研修講座を他の研究ユニットと密に連携して試行し、改善する。 [3年目] 研修担当者の養成・認証制度を試行し、履修認定制度や短期プログラムの形式にまとめる。

また、教授システム学の専任教員、兼任教員、特任准教授及び特任助教において、各テーマ間の連携を常時図る万全の態勢を取り、海外での動向も参考により発展させつつ研究を進めるとともに、すでに本専攻での実践知も含めて、外部への展開を図る。

 

本プロジェクト期間の3年間では、横展開として他の大学院教育への展開を図り、本プロジェクト(第1フェーズ)終了後には、引き続き、縦展開として、学部教育への展開を図る。なお、特任准教授及び特任助教は、社会人教員の任用を想定しており、教育再生実行会議で提案されている社会人の学び直しニーズにマッチした社会人教員の活用による先駆的な授業科目の開発、産業界との協働による実践的な職業教育プログラムの取組とも合致する。

 

〔平成26年度に実施する事業内容〕

本専攻を研究普及拠点とし、全国規模の研究ネットワークを活用し、本専攻の在学生や修了生(アソシエイト)をもつ企業や大学及び海外の研究機関(研究協力機関)にも呼びかけ、社会人の学びやすい環境を構築する。

  • 社会人の学びやすい環境を構築するための専門家に求められる資質についての調査を行う。
  • 社会人向け学習支援システムに求められる特性をICT環境の観点から整理し、プロトタイプへの実装を行う。
  • 履修認定制度や短期プログラムの実践例の調査を実施する。

〔平成27年度に実施する事業内容〕

社会人の学び直しに適切な短期集中型で遠隔学習が可能な形式を採用して洗い出した専門性を身に付けるための研修講座を企画・立案し、試行・改善する。

  • 当該専門性を身に付けるための研修講座をHPIの観点から企画・立案する。
  • 研修講座を実施するための社会人向け学習支援システムを設計・開発する。
  • 社会人の学びやすい環境を構築するための専門家に求められる資質を身に付けるための研修講座を他の研究ユニットと密に連携して試行し、改善する。 

〔平成28年度に実施する事業内容〕

全国の協力機関において研修講座を展開すると同時に研修担当者の養成・認証制度も試行する。

  • 全国の協力機関において研修講座を展開する。
  • 履修認定制度や短期プログラムを実施するためのeポートフォリオを設計・開発する。
  • 研修担当者の養成・認証制度を試行し、履修認定制度や短期プログラムの形式にまとめる。
PAGETOP
熊本大学大学院 社会文化科学研究科 教授システム学専攻
Copyright(c) KUMAMOTO UNIVERSITY. All right reserved